体に欠かせない成分

妊娠中や授乳中にマカを摂取しても大丈夫?

マカには不妊を改善する効果があるとして、近年では女性たちの間でもサプリメントが飲まれるようになりました。
以前のように男性の精力剤としてではなく、健康食品としての見方が広がったとも言えるでしょう。
では、マカを飲み始めたあと念願かなって妊娠したあと、そのままマカのサプリメントを飲んでも問題はないのでしょうか。

基本的には問題ないと言えます。
マカはそもそも薬ではありませんので、副作用などの心配はありません。
産地であるペルーでも妊婦が毎日のようにマカを食べているという話もあるくらいです。
健康維持のためにも、継続したほうがいいかもしれません。
ですが、ひとつだけ気をつけなくてはいけないことがあります。

それはマカの作用のひとつ、ホルモンバランスを整える効果についてです。
妊娠前はこのマカによっていい方向に整えられていたホルモンバランスが妊娠をしたことにより、効果がなくなってしまったりする場合もあります。
なぜなら妊娠すると女性の中のホルモンバランスが激しく変化するためです。
賢く使えば効果も高くなりますが、間違った使い方をしたり、体質に合わないのに飲んだりすると特定のホルモンばかりを増やしてしまい、母体によくない影響を及ぼす可能性もあります。
妊娠中の体力増強やメンタル面の安定にも非常に役立つと言われているマカですが、もしも妊娠中に摂取するとなった場合には必ず担当医にその旨を伝えておきましょう。

また、そのサプリメントを持っていき、どのくらいの量なら摂取しても問題ないか、などを聞いておくといいでしょう。
そうすれば心配することなく、マカのサプリメントを摂取し続けることができます。
マカはとても強力な完全食です。

その作用は時として体に強すぎる影響を出してしまうこともあります。
副作用こそありませんが、妊娠中については、自分の体調や担当医とよく相談をしながら摂取するようにしましょう。
また授乳中の場合も、担当医とよく相談するようにしてください。
飲んでいるサプリメントの中に、乳児にあまりよくない成分が入っている可能性もあります。
注意しましょう。

Menu