体に欠かせない成分

マカで冷え性対策

冷え性、辛いですね。
寒い冬もそうですが、夏は会社や店の中の冷房が辛いというのもよく聞く話です。
手や足の先がかじかむだけでなく、症状が重くなると感覚がなくなってしまうなんてこともあるようです。
このような辛い冷え性の原因がなんなのか、ということを知っていますか?

実は血行だけが原因ではないのです。
まず第一に冷え性の原因として血行が悪いから、ということを想像するのではないでしょうか。
確かに血行が悪くなると血管が収縮してしまい体温が上がらず体が冷えてしまいます。
ですので、冷え性の方はとにかく体を温めようとします。
体が温まるという生姜を使ったり、ココアを飲んだりといろいろな工夫をすることでしょう。
「でも、いろいろやったけど全然改善しない…」
そんな方は自律神経の乱れというのを疑いましょう。

自律神経とは、体のバランスをとっているとても大切なものです。
心臓の鼓動などの自分の意思でどうにかすることができないものというのは全てこの自律神経が動かしています。
いわば体を動かしている中枢とも言えるものなのです。
しかし、自律神経はとてもデリケートで、ストレスや疲労といった原因によりリズムが乱れてしまうことがあるのです。
この乱れが原因で、ホルモンバランスが崩れてしまい冷え性になってしまっていることもあるのです。

この自律神経の乱れ、マカを摂取することで改善出来る可能性があります。
マカにはホルモンバランスを整えてくれるアルギニンという栄養素がたっぷりと入っています。
日常的にマカを摂取し続けることでアルギニンが自律神経を整えます。
さらにマカには血行をよくするはたらきもあるので、根底から冷え性が改善されるのです。
マカはサプリメントなどの状態でドラッグストアやコンビニで売られています。
何をやっても改善しなかった冷え性にマカを試してみてはいかがですか?
春~夏にかけての比較的暖かい時期からマカを飲む習慣をつけておけば、寒い冬になっても冷え性知らずになれることでしょう。

Menu